播磨に来たスクナビコナ

稲種山

ところで、スクナビコナという体の小さな小さな神がいた。オオクニヌシの肩にちょこんと乗るくらいだ。ひょんなことから彼の国造りを手伝うことになり、播磨はりまの国までやって来た。

「ハイサイ! み~どぅさいび~たん」

「相変わらずテンション高いね。っていうかごめん、何言ってるかわかんない。琉球りゅうきゅうかぶれも相変わらずか。まあいいや。ともかく、ここでもまたよろしくね」

「まかちょ~けッ!」

(国造りが得意で頼りになる神なんだけどなぁ。琉球はまだ日本じゃないからね、そこだけ念押ししておきたいよ)

そんなこんなで、埴岡はにおかの里に向かったオオクニヌシスクナビコナ生野いくのの山の峰から眺めると、林田はやしだの里まで見渡せる。

「おお~、遠くまで見える。土地の形もよくわかるね」

「ヤンヤ~」

「ん~……そうだ。あの山には、稲種を置いたらいいんじゃない? そしたらきっと実りが豊かになるよ」

「ンチャ!」

「山の形も稲を積み上げた感じに似てるよね」

「ヤサヤ!」

「……これ、ちゃんと会話成立してるのかな」

何はともあれ、稲種を送ってその山に積んだ。それで稲種山いなだねやまと呼ばれるようになった。

埴岡

オオクニヌシの発想はその後もさえ渡っていた。スクナビコナにこんな競争を持ちかけたのだ。

「ねぇ、スクナビコナさん。ただ歩いていくのも退屈だからさ、ちょっとした勝負をしないかい?」

「じょ~と~」

「おっ、乗り気だね。じゃあ遠くまで行くのに、粘土を背負って行くのと、ウ〇チをしないで行くのと、どっちができるかな。僕はウン〇をしないで行くよ」

「わんねーはにを持って行ちゅんて~」

こうして、くそを我慢するオオクニヌシと、重たい埴を背負うスクナビコナの、バカバカしい競い合いが始まった。最初こそ平気な顔をしていた二柱だったが、何日か過ぎると汗をダラダラと流しながら歩くようになった。オオクニヌシの額に浮かぶのはあぶら汗だ。さらに数日が経って。

「僕、もう、我慢できない……ッ!」

そう叫ぶやいなや、オオクニヌシはすぐさま座り込んで糞をした。

「アンクトゥヤ~、で~じ苦しい」

と笑って、スクナビコナも埴を投げ捨てた。
また、オオクニヌシが糞をしたときに、小さな竹がその糞を弾き上げて、服に当たった。

「うげっ、汚れたし……」

この時の埴と糞が石となって固まり、今もなくならないで残っている。それが神前かむさきこおり埴岡はにおかだ。