ニニギ

高千穂の二上の峰

次の時代を作るのは天孫てんそんの系譜。
ニニギ高天原たかまのはらの最高神アマテラスの孫ということで、天孫と呼ばれていた。オオクニヌシより譲られた豊葦原とよあしはら水穂みずほの国に、いよいよ彼が降臨することとなった。

お供の神を従えたニニギは、天界の祭壇を離れ、八重に重なる空の雲を押し開き、清められた道をかき分けかき分けて、高千穂たかちほ二上ふたがみの峰に天降あまくだりした。

「わぁ~、空が真っ暗ですね。これじゃ昼と夜の区別もつきません。アマテラちゃまから聞いてた話と違います」

何も見えないことに驚くニニギ。後をついてきたカムハタヒメも、戸惑いの声を上げた。

「そうですね……アマテラス様は、地上は平穏になったとおっしゃっていましたが、これでは人も何もかも道を見失うでしょう」

するとそこへ、土地の豪族二人が現れた。一人は筋骨隆々、もう一人はまだ年端も行かない子供だ。

ニニギ様! 拙者はオオハシ!」

「せっしゃはオハシ~!」

「我ら兄弟、天孫様にご奉仕するべく、駆け付けたでござる!」

「ごじゃるぅ~!」

(ええ~……この暗闇の中をどうやって? なんで僕がここに降りたこと知ってるの? ござるっていつの時代だよ、ってかこんな幼い子までいる?)

ニニギの頭にはツッコミばかりが浮かんだ。不審に思ったカムハタヒメは、ニニギをかばうように間に割って入る。
オオハシは慌てて手を振り振り弁解した。

「や、そう警戒なさるな! 我らはこの暗い空を変える、提案を持ってきたのでござる」

「提案?」

ニニギは少し興味を引かれた。カムハタヒメのほうは、厳しい表情を崩さず応対した。

「聞かせてみなさい」

「よくぞ聞いてくだされた! 天孫様の尊いお手ずから稲の穂を抜いてモミとし、四方に投げ散らせたなら、必ずや空が晴れるでござろう」

「あぁ~!」

オハシもうれしそうにこぶしを突き上げている。

「どうなさいますか?」

「ん~、話に乗ってみましょうか。稲穂なら、高天原からたくさん持ってきてますし」

オオハシらの言うとおりに、ニニギはたくさんの稲の穂をもんでモミを作った。それから黄金のモミを振りまくと、まるで星が瞬くように、そこから光が放たれた。そして、みるみるうちに空が晴れ渡り、太陽も月も照り輝き出した。

「あはっ、すごいや! とっても明るくなりました」

「これもニニギ様のお力でございます」

恭しく控えるカムハタヒメの横では、兄弟たちがはしゃいでいた。

カムハタヒメ

その後ニニギは、剣の柄を高日たかひの村に置き、土地を占有した。
カムハタヒメはニニギの命により、服を織るため、三野みのの国の引津根ひきつねの丘に向かった。